現代のうつ病患者の平均年齢と男女の違い

posted by utsu

児童うつ病の患者は12歳未満の場合、0・5%から2・5%12歳から17歳の間では、2・0%から8・0%の確立でかかっているとされています。 けれど、これは、数字だけ聞くと、これだけと思えるかもしれませんが実際深刻な問題で、児童うつ病の、75%以上の子どもは親子関係や学校でのトラブル、または友人関係との問題が指摘されています。 子供の場合見落としがちな場所が多く出て来てしまうのです。

ある体験者の方が言うには、当時学校へ行くのが苦しくなった時に、周りに気を許せて話せる相談相手がいなかった為に、どんどん一人で抱えて気付けば元に戻れなくなっていたと言っています。 「どうして親に相談しなかったの?」と言う質問をした所、一番身近にいる親にだけは何があっても言えなかったそうです。 そういった事から、これからの子供たちの為に各学校に教師とは別に、スクールカウンセラーなどといった人たちを置いておくことが必要なのかもしれません。

子供たちのSOSは大人である私たちが一番に気付いてあげましょう。 では次にうつ病患者は男女によってかかる患者の数や違いは出てくるのでしょうか?実は大きく違います。 女性は男性に対して、二倍以上の確立でうつ病を引き起こしやすいのです。 その大きな原因の一つが女性ホルモンの変動です。

性周期(月経、妊娠、出産、更年期)などの時は事実、不安障害や、うつ病など心の病に掛かりやすくなってしまうのです。 その他、女性が男性よりうつ病に掛かりやすいとされている原因は頑張りすぎによるストレスから来るものが一番多く取られます。

例えば、初めての子育ての場合右も左も分からないのに家には一人、その状態で子どもの面倒を見なければなりません。 数時間おきに泣き喚く赤ちゃんの声を毎日聞いていたら、例え自分がお腹を痛めて産んだ子供といえ、今度はその泣き声がストレスに聞こえてきます。 そして頼る場所が無く、気が付けば目の前の小さな命に手を出してしまうケースが増えているのです。

最後に私は思います。 うつ病とは、いつどんな人にでも些細な事が原因で起きる、心の風邪だと言う事を。 それをいち早く気付いてあげられるのは周りの皆さんです。 そして、頑張って治療を続けて行けば必ず元の生活に戻る事が出来るので安心してください。

新潟でのリフォーム・増改築なら【フタバのリフォーム】へ

激安!全国各社の消火器をお見積りいたします!

大阪の飲食求人情報といえばpopjobがオススメ!

人気最新中古釣具なら定価の60%で買取いたします!

格安費用ではじめるSEO

コンテンツ

トップページ